世界樹の迷宮キャラクター紹介その4:アルケミストのmiyuke

sekaiju:世界樹の迷宮 キャラ紹介その4:アルケミストのmiyuke

絵師として活躍されている方々の描く「質感を感じるおっぱい」ってのを、自分でも描けるようになればと日々夢見ておりました。
先日、色に頼らない線だけのおっぱいでそれを実現しようと徹夜でおっぱいばかり描いていましたら、ついにそれらしい物がかけるようになりまして。
導き出した答えは「壁を這うスライムの法則」です。
脂肪とかって身近にありますが、想像しにくい素材ですよね。
しかし、スライムとして想像するとすんなりと理解できました…薄い膜の中に水分やらなにやらが入っていてタフーントプーンみたいにフルフルしてる感じ。
で、スライムに壁を這わせますと重力の関係で中身が下に引っ張られるんですけど膜のおかげでこぼれなーい。
あれ系なんですよおっぱいは。うんうん。
あとは、スライムを胸の辺りに二つくっつけて頭頂部と輪郭を微調整して出来上がり。
これはやわらかいおっぱいの法則。
硬いおっぱいは「お饅頭の法則」…おなかすいたなぁ。
ちなみに、今回のおっぱいはスライム系。
やわらかさをだしたかったのでコートの素材を柔らかく薄い素材にしてみました。
おしまい

世界樹の迷宮キャラクター紹介その3:パラディンのtuduku

sekaiju:「世界樹の迷宮」キャラ紹介その3 パラディンのtuduku

sekaiju:世界樹の迷宮キャラ紹介その3:パラディンのtuduku(盾ナシ)この絵を描いていて、絵ってのは構造を理解していないと描けないものだと再確認!複雑なものは苦手で今までずっとごまかして描いておりました。
鎧を描いたのは今回のイラストで3回目…1回目と2回目はごまかしましたので、今見ると腕の部分がずれていたりします。描くならばキチンとした鎧を描きたいという思いに至り、構造を理解するためにパーツごとに分解して描く事を実践。
スケッチブックに各パーツを描いて頭の中に構造と組み合わせを叩き込むと、あら不思議♪
パーツの構造とその他のパーツとのつながりを理解すると、あっちゅーまに描けるようになったのであります!!
しかも!デザインの違う鎧からロボットまでも描けるようになったのであります!(上記イラストの鎧は「世界樹の迷宮」のデザインです)
なるほど、プロの絵描きさんのWEBサイトに鎧絵がたくさんあるのはこういうことだったのですね!?ステキ!!
さぁ、次は女の子のイラストを描きますぞ。

世界樹の迷宮キャラクター紹介その2:ソードマンのspeed

sekaiju:「世界樹の迷宮」ギルメン紹介その2ソードマンのspeed

自分の色塗りの方向性が…みえてきた?かも?
memeって意味「ココロからココロへ伝達される情報の基本単位」ってのがとってもステキで、この言葉をはじめて知ったとき電撃に打たれたように頭の中のもやもやが晴れて、その向こうにたえちゃんを見たのです。
そう、好きだった人の思想は会話によって自分の中に入り込んでいて、知らぬ間に共有というか…引き継いでいたのですよ。そうなのですよ。だから私の中に彼女の一部分がいるのです。それは…私の中で形を変えて増殖したたえちゃんのミームは私を通じてみんなに広がっていっているのです!おお…?おおお…!?肉体は無いがたえちゃんは存在している!?

世界樹の迷宮はじめました

sekaiju:「世界樹の迷宮」はじめました♪わたくしのギルメン紹介その1ダークハンターのsonia

ブログになってサイトの管理が楽になったので「最低でも週1で更新しよう!」とおもっていた矢先にこのゲームにはまっちゃいました。面白すぎて、朝から晩までやっていて…睡眠はゲームしながら寝オチ取り。
こ、こんなに面白いゲームがあったのに何も知らずに生きていた私って人生を無駄にしていたんじゃないかって思わせてくれるくらい…はまってます。
このゲームから生きる元気をいただいてます。いい仕事してるぞアトラスさん!ありがとうありがとうありがとうございます…(泣)